朝のひととき、枯れたワラビの葉に霜が下りて輝いていました。