道ばたに多いことから、ミチタネツケバナという名がついています。開花しているときにも、根本の葉、根生葉がしっかりとついているのが特徴です。