10月半ばに渡ってきたオスのジョウビタキです。自然館周辺が縄張りのようで、目立つところでヒッヒッカッカッと鳴いています。通常、縄張りは繁殖期に作られるものですがジョウビタキの場合は冬場も餌を独占するための縄張りを作って単独で生活します。だからこの時期はオスメス関係なく縄張り確保のためにケンカもするのです。彼もそんな修羅場を乗り越えてきたのでしょう。