外来種のミチタネツケバナが圧倒的に多い中で、在来種の本家をみつけると嬉しくなります。