様々な色の変異が知られている種類ですが、長池のものはほとんど白色系なので見分けやすいですね。