チドメグサ(血止め草)の仲間は民間療法として葉を傷口にあてることで止血に使われてきたといわれています。園内では草地を這ってじゅうたんのようになっている場所もあります。