市内ではセイヨウミヤコグサやネビキミヤコグサといった近縁の外来種が増えています。在来の本種は花の数が少ないことなどで区別していますが、個体差も多く厳密な分類が難しい仲間の一つです。