園内ではあちらこちらで鈴なりに花を咲かせています。名前は果実を染料の原料である五倍子(ふし)の代用として使ったことからといわれています。