海のイメージが強いクラゲですが、珍しい淡水性の種類が存在します。その名もマミズクラゲ。水上デッキ撤去以降、消息不明だったのですが今年は築池の姿池側岸辺から観察できました。