林縁や湿地などの木陰を好むことからあたかも日本にもともとあった種類のように馴染んでいますが、花がよりシンプルなコセンダングサと共に外来種です。ひっつきむしとして種子が人や動物に運ばれ至るところに広がっています。