若い茎葉を山菜の「アズキナ」として食用にする地方もあります。葉はナンテン、花はハギに似ていることからのネーミングです。園内では林の縁などに生えています。