名前の通りトネアザミよりも開けた場所に多く、ながいけの道沿いに点々と咲いています。多くの虫たちが蜜を吸いに集まってきているのを観察できます。