その名の通り、ほんのりと甘い香りが漂うスミレの仲間。タチツボスミレとは香りだけでなく茎に毛があることや葉の形の違い、花の濃紫色とその形などで見分けられます。尾根の日当たりが良く土が露出したような環境に決まって現れますが園内では少ない種類です。初めてこの花の香りを嗅いだ時の印象がふりかけの「のりたま」だったことをよく覚えていますが今嗅ぐと全くそのようには感じられません。幼い頃の自分は一体どんな感性をしていたのか恥ずかしくなります。