二枚ずつ対になって葉が出ることから、「フタバハギ」の異名を持ちます。花は濃い紫色で、房になって一列に並びます。自然館前のマダケ林と第一デッキ階段沿いに移植されているのを観察できます。