築池のふちに飛んできては夢中になってニワトコの実を食べています。この時期、多くの小鳥たちは昆虫やイモムシをせっせと食べたりヒナに与えてタンパク質を摂取します。しかしハトは植物の実や種が大好きで、繁殖のときも、体内で植物質をもとにミルクを作って子どもに与える習性があるため、虫よりも植物の実を好んで食べているのです。虫のいない時期でも繁殖できるお得な鳥。人間みたいですね。