東京都の絶滅危惧種に指定されている湿生植物、ニッポンイヌノヒゲ。長池公園ではかつてハンノキ林に自生していたのですが、環境の変化などにより、数年前に忽然と姿を消してしまいました。当時撮影した写真のフィルムを見ながら、もう長池公園で見ることはないのかな・・と切ない気持ちに浸っていたのですが、なんと昨年から実施しているハンノキ林の埋土種子発芽実験で3株が復活、開花しました。掘り取った土の中に眠っていた種が見事に息を吹き返したのです。