刈り草を捨てに入った藪で初めて見るキノコと出会いました。キツネノタイマツという種類でした。卵のような幼菌から、一晩のうちに一気に成長して、昼前にはしおれてしまうということから今まで見逃していたのかもしれません。