近年少なくなっている草っぱらや林縁を好む植物です。二枚の葉っぱが対になって付くことから、フタバハギとも呼ばれています。