タチツボスミレの花が先祖返り的に葉化(葉っぱ状になること)した品種。花が緑色なので見過ごしてしまいそうですが、タチツボスミレの花を一つ一つ丹念に見ていくと見つかることがあります。ただ葉っぱのように変化しているだけでなく、蜜をためる距という部分が退化しているため、花は真上を向いてしまっていることが多いようです。