明治時代から観賞用に栽培されていますが、最近、野生状態のものが増えています。南米原産です。