いつも飛翔しているトンボが小雨の降る夕暮れ、クズのツルにとまっていました。千載一遇のチャンスです。