イロハモミジの枝にしっかりとついていました。この模様、釉薬をつけた焼き物の風情です。