セセリチョウやシジミチョウはどれも親指の爪ほどの大きさで見逃してしまいそうです。花の蜜を吸いにやってくる時が観察のチャンスでしょう。