日本の国蝶、オオムラサキと並んで有名なエノキを食草とする種類です。近頃急激に数を増やしている南方系の蝶、アカボシゴマダラが長池公園でも普通に見られるようになっている一方でこちらは減少傾向にあります。アカボシゴマダラにはその名の通り翅に赤い模様が入っていますがこちらはモノトーンなので見分けがつきます。慣れると飛んでいる姿でも区別できますが、写真のように一休みしている時は絶好の観察チャンスです。