トンボ池の水際や自然館の周辺でよく見かける大きなイトトンボ。水からかなり離れた場所でも見つかるのは、木の上に産卵するからです。地面に落ちた幼虫は、水のあるところまで跳ねて移動するそうです。