つくいけの道側では、アカシジミよりもウラナミアカシジミのほうがよく見かけます。アカシジミと比べるとやや小さく、翅に黒い波模様が入っているのが特徴です。