翅の裏側はとても地味な色合いですが、翅を広げると写真の通り、とても目立つ色模様です。”緋脅し蝶”という名の所以でしょう。ルリタテハとともに、発酵したオオシマザクラの落実を美味しそうに舐めていました。