ゴミ捨ての時にふと目が合った、初めて出会う虫。その正体はヤガタアリグモというクモの一種でした。嘴のように見えるのは大きな上顎で、雄の特徴です。上顎が大きいのは雌にモテるためなのだそうです。アリに擬態して、群れに入り込み、アリを食べるのかと思っていましたが、実際には獰猛なアリのフリをすることで、自分の身を守っているだけのようです。