材木の至る所をちょこまかと動き回っていました。これだけたくさんいるとありがたみが無くなってしまいます。