長池の水面を悠々と飛翔していました。園内全域で、時々見かけるトンボです。ヤンマという名前は、姿が似ているから付いたのであって、実際はサナエトンボの仲間。他のサナエトンボとのわかりやすい違いは、小顔で後肢が長い点でしょうか。肢の長さが災いして枝に止まりづらそうです。