草に擬態するのが大得意なショウリョウバッタモドキ。名前の通りショウリョウバッタ(キチキチバッタ)とそっくりですが、本種はより平べったく、背中は鮮やかな赤紫色をしています。そしてなんといっても臆病者です。ススキ草原などの生息地減少に伴い、今では希少な生物となってしまいました。